アメリカ外交公電Wikileaks流出事件

私が調べたところは

暴露経緯
暴露データは元々バグダッド近郊基地に駐屯する23歳の情報下士官が国防省のSiprnetネットワークがレディー・ガガのCDに見せかけて持ち出したとみられている[4][5]。

欧州への核兵器配備確認文
オランダやベルギーなどに米軍戦術核兵器の配備を確認する文書が含まれていた。文書によれば2009年11月にドイツを訪問したフィリップ・ゴードン国務次官補(欧州担当)がドイツのクリストフ・ホイスゲン首相補佐官との会談内容でゴードン次官補が「ドイツ、ベルギー、オランダからすべての核兵器を撤去すると、トルコにとっても保有し続けるのが政治的に困難」と述べたとされている[7]。
日本の常任理事国入りに反対
中国の何亜非外務次官がアメリカ大使館当局に対して日本の国際連合安全保障理事会の常任理事国とすることに反対を伝えたことが明らかになった[8]。
ドイツ
武装勢力と間違えたドイツの一般男性を拉致したCIA係官に対する逮捕状を発布しないようドイツ側に「脅すつもりはないが対米関係の影響を見極めるべきだ」と警告。
パキスタン
2007年以来兵器などの転用を恐れパキスタンの研究用原子炉から高濃度ウランを取り除く秘密活動。パキスタン側もこれを認めた。
北朝鮮
米韓両政府が北朝鮮の体制が崩壊した場合の南北統一の見通しを協議
イラン
北朝鮮から中距離弾道ミサイル19基を入手
サウジアラビア
アブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ国王が核開発阻止のため米政府に対イラン攻撃を促進[9]。
中国
中国政府が中国国内グーグルのコンピュータサーバへの侵入を指示
王家瑞対外連絡部長が「北朝鮮の行動は常識では予測不能」と発言していたことがわかった[10]。
2009年6月、北朝鮮のウラン濃縮技術について「まだ初期段階」と過小評価[11]。
「北朝鮮は将来的にソウルを中心とした統一国家になる」と
日本
2009年4月に訪中した麻生太郎首相が「温家宝首相は経済危機の対応で疲れていた」と関係者に発言
民主党政権は自由民主党政権とは全く異なるとの見解で一致していた[12]。
スロベニア
アメリカがグァンタナモ米軍基地のテロ容疑者の収容所を閉鎖するために「オバマ大統領と会談したければ収容者を受け入れるべきだ」とスロベニア側に迫っていたことが明らかになった[13]。
アメリカ合衆国
ヒラリー・クリントン国務長官が各国外交官のクレジットカード番号等の収集を指示
各国要人に対する言及 [編集]

イギリス
アンドルー王子に関して外国での無礼な振る舞いを指摘する内容が含まれていた。同王子にはショックを受けたという[14]。その後駐英アメリカ大使が弁明に追われた[15]。
北朝鮮
金正日総書記に対し「肉のたるんだ老人。脳卒中の結果、精神的にも肉体的にもトラウマを負った」と評している[16]。
ロシア
「バットマンがプーチンでメドベージェフは相棒ロビン」「事実上のマフィア国家」などとアメリカの駐露大使が発言。ロシアの政治情勢を皮肉った発言と伺えられる[7][17]。
イタリア
「ベルルスコーニは無能で空っぽですよ」「欧州のリーダーとしての影響力なしですね。連日パーティ通いだ」と非難[7]。
イラン
アリー・ハーメネイー師に対して「末期の白血病」「数ヶ月以内に死亡する」と指摘(2009年8月時点。なおハーメネイー師は2010年12月現在も存命でありアメリカの情報収集能力に疑問が出ている[18])
マフムード・アフマディーネジャード大統領に対して「まるでヒトラーだ」と発言[7]。
ドイツ
アンゲラ・メルケル首相に対して「リスクを避け、創造性に乏しい」
フランス
ニコラ・サルコジ大統領に対して「怒りっぽい権威主義者」「裸の王様」[16]。
イスラエル
ベンヤミン・ネタニヤフ首相に対して「約束を決して守らない男」
アフガニスタン
ハーミド・カルザイ大統領に対して「極度に弱い男。事実に耳を傾けようとせず、とっぴな話に動揺する」「誇大妄想に取りつかれている」「事実を直視できない弱い男」[16][7]。
リビア
カダフィ大佐に対して「気まぐれで風変わり」「8時間以上のフライトはNG」「金髪看護師と恋仲」[19]。

アメリカ外交公電Wikileaks流出事件

===============================================

または

===============================================

・金正日は「肉がたるんだ老人」(外交筋)[Guardian]

・因みにカダフィ大統領はボトックス(注射でシワを取るプチ整形)をやっている。肌のハリの美しさを見れば一目瞭然。[BoingBoing]

・リビアのムアマル・カダフィ大統領は「肉感的なブロンド」の看護婦Galyna Kolotnytskaさんを片時も離さず側に置いている。休憩停車中の大統領に引き合わせるためリビア政府はプライベートジェットに彼女を乗せてリビアからポルトガルまで送り届けた。大使館の情報提供者によるとカダフィとKolotnytskaさん(38)は不倫関係にあるらしい。大統領はノーコメントだが、「旅先にどこにでも付き添っていく」ことはウクライナの政治担当高官から確認が取れている。彼女が四六時中はべるのは「カダフィ大統領のルーティーンを把握しているのは彼女だけだから」と電文にはある(2000年代はじめリビアが製造を画策した核爆弾のルーティーンもそういう感覚だったのかな…)[NYT]

・英王室には素行の悪い人が約1名いる(それ以上の詳細は不明! Harryが人種差別的なことやらかしたんじゃ…というのが編集部の予想)[Guardian]

・プーチン首相がバットマンならメドベージェフ大統領はロビン[Guardian]
 ・ 露プーチン首相と伊ベルルスコーニ首相は「影の」仲介人を通して「贅沢な贈答品」を贈りあう親密な仲。[NYT]

・独アンゲラ・メルケル首相は「リスクを避け、創造力を発揮することも滅多にない」が「不屈の人」。独ギド・ヴェスターヴェレ外相は何度も叩かれている。

・伊シルビオ・ベルルスコーニ首相は「夜通しどんちゃん騒ぎする男」(首相は月曜、「ヴィッラで品の良い宵口のパーティーを開くぐらいだ」と反論)

・イランのマフムード・アフマディーネジャード首相はヒトラーのよう。

・仏ニコラ・サルコジ大統領は「裸の王様」

・オバマは「ヨーロッパとは感情的な絆は全くない」。むしろアジア諸国に注意が向いている。[Spiegel]

・「ジンバブエのアホ独裁者Robert Mugabe大統領は大馬鹿者」(元ジンバブエ駐在米大使の公電)。「経済危機についてとことん無知」(しかも博士号を18個持ってるので自分には需要・供給などの経済原理を止めるぐらいの権限があると思い込んでいる)なのでリーダーとしては最悪。ジンバブエではMugabe大統領の博士号をひとつでも馬鹿にした人は行方不明になる… [NYT]

・アメリカは潘基文はじめ国連のリーダーたちのこともスパイしていた。[Guardian]

・アフガニスタンのAhmed Zia Massoud副大統領は昨年アラブ首長国連邦に出国の際、5200万ドルの現金を所持しているのが見つかったが、出元も行き先も不問のまま持ち出しを許可された。[NYT]

・グーグルのコンピュータシステムへの侵入を指揮したのは中国共産党中央委員会政治局(Politburo)だった。[NYT]

http://www.gizmodo.jp/2010/11/wikileaks_1.html

One Comment

  1. TK1129

    アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件が少し気になりました。
    よく分かりませんが、凄い集団ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です