頭の回転がよくなる10の食べ物

頭の回転がよくなる10の食べ物

1 ナッツ
もしあなたが、仕事中に糖分たっぷりのスナックやキャンディをおやつ代わりにしているのなら、それをナッツに代えるべき。糖分は一時的に脳のパフォーマンスを上げてはくれるけれど、持続しません。しかし一握りほどのナッツに含まれる脂肪分は、脳機能を向上しそれを持続させてくれる力を秘めています。

2 魚
『American Journal of Clinical Nutrition』の研究によると、魚の摂取量に反比例して、痴呆症発症率が下がることが判明しています。

3 緑茶
朝1番に飲む1杯の緑茶は、脳にとっての栄養剤になり得ます。というのも緑茶には、脳で情報処理・情報伝達を行う神経細胞「ニューロン」の生産を促す抗酸化物質が含まれているから。

4 ほうれんそうなどの青物野菜
ほうれんそう、またケールやマスタードグリーンなどの青物野菜は、やはり抗酸化物質が多く含まれているため、これが記憶力の低下を防いでくれるのだそう。

5 オートミール
日本の食文化においてあまりなじみはありませんが、エネルギーを補給しなおかつそれを持続させる上で、オートミールは非常に適した食材。持続性を狙うなら、糖分を多く含むシリアルよりも、朝食にはこちらを選択すべし。

6 ベリー類
もしもオートミールだけの食事に物足りなさを感じたら、少々のブラウンシュガー、そしてベリー類を足してみて。ベリー類には老化による記憶力の低下を、最高2.5年、遅らせる効果があることが判明しています。

7 チョコレート(カカオ)
1日2杯のホットココア、この習慣を30日間続けた血流障害のある年配者。その結果なんと、脳の血流および記憶力まで改善することができたのだとか。

8 コーヒー
コーヒーに含まれるカフェインは、脳を活性化する働きがあり、しかも脳細胞の増加にも深く関与していることが、研究によりわかっています。しかし摂りすぎは逆効果にもなり得る上健康被害を引き起こす可能性もあるため、1日2杯ほどがベスト。

9 卵
卵、特に卵黄には、記憶力の向上および痴呆症を進行させないために必要な塩素成分が、豊富に含まれています。

10 水
水分不足の状態は、脳に深刻なダメージを与える可能性も。目安として、1日8 杯の水を摂取するよう心がけましょう。

ちなみにこれらの食材、脳機能が落ちてくる午後に焦点を合わせて、昼食タイムにどれか1つでも、摂取するのがベストなのだとか。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です