ユーザ用ツール

サイト用ツール

Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/9/9fbc0127228290f44b88c6400831c4af.i failed
Unable to save cache file. Hint: disk full; file permissions; safe_mode setting.
Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/9/9fbc0127228290f44b88c6400831c4af.metadata failed

sublimetext3の便利プラグイン
Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/9/9fbc0127228290f44b88c6400831c4af.i failed
Unable to save cache file. Hint: disk full; file permissions; safe_mode setting.
Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/9/9fbc0127228290f44b88c6400831c4af.xhtml failed

Sublime Text3 便利なパッケージプラグイン

HTML5:HTMLの補完

jQuery:jQueryの補完

CSS Snippets:CSSの補完

Twitter Bootstrap Snippets:Twitter Bootstrap の補完

BracketHighlighter:開始・終了のカッコの強調表示

Phpcs:PHPの補完

Theme:Phoenixテーマ Theme:Aquaテーマ

SideBarEnhancements Side Barの拡張用

F12でブラウザ表示設定

フォルダ右クリックproject→Edit Project PreviewURLs

設定

{

"C:/xampp/htdocs/workspace/":{
	"url_testing":"http://localhost/workspace/",
	"url_production":"http://php-fan.org/sample_code_demo/"
}

} DocBlockr:Doc形式のブロックコメント挿入 ColorPicker:システム標準のカラーパレットを呼び出して挿入する。(ctrl+shift+cだとCSSCombのソートとかぶるのでkey設定する) preferences→key-Bindings-User

{ “keys”: [“ctrl+shift+x”], “command”: “color_pick” }

SublimeCodeIntel:多くの言語に対応した自動補完やジャンプ機能を利用可能にする

Emmet:HTML,CSSの記述を高速化する「Zen-Codingプラグイン」の次期バージョン

LiveStyle:Emmet LiveStyleが使える。Chromeユーザーなら入れるべしっ!詳しくはここで

AutoFileName:ファイル名の補完

Placehold.it Image Tag Generator:ダミー画像を配置(コマンドパレット(Ctr+Shift+P)を呼び出して、「place」と入力すると候

補として「Placehold.it: Insert Image」が出てくるので選択。挿入する画像サイズを聞かれるので選択。コードが挿入されます。)

Abacus:イコールとかコロンとかの面を合わせる

ConvertToUTF8:文字コードの自動変換(shift-jis,euc-jpに対応)

SublimeLinter:JavaScript、CSS、PHP etc の構文チェックをする(javascriptの場合はnode.jsのインストールが必要)

設定: node.jsをhttp://nodejs.org/からダウンロードしてインストール

コマンドプロンプトでnode -vでバージョンが表示されればインストール完了、そのあとコマンドプロンプトを起動してnpm install -g

jshintでjshintをインストール

Windowsの場合は、パッケージをインストールした後、’Preferences’ → ‘Package Settings’ → ‘SublimeLinter’ → ‘Settings – User’に以下の例のような形で形式でphp.exeの場所を記述する。xamppなどでpathが取っていればいらない気がします。

{
	"sublimelinter_executable_map": {
		"php": "C:\\xampp\\php\\php.exe",
		"javascript":"C:\\Program Files\\nodejs\\node.exe",
		"css":"C:\\Program Files\\nodejs\\node.exe"
		},
	"sublimelinter_gutter_marks": true,
	"sublimelinter_wrap_find": true,
	"sublimelinter_delay": 0.5,
	"jshint_options": {}
}

シンタックスをHTML5からPHP、javascriptに変えると動作する場合があります。

sublime8 コンソール画面で下記コードを入力して現在の形式がわかります。

sublime.active_window().active_view().settings().get('syntax')

All Autocomplete:オートコンプリートの機能強化版。マッチする文字列を補完

CSSComb:CSSのプロパティをソートしてくれる

Goto-CSS-Declaration:HTMLのIDやClassにカーソルがある状態でWindowsキー+.(ドット)でスタイルシートの場所まで飛んでくれる ありがたいパッケージ、作業がはかどります。

IMESupport:日本語のインライン入力をサポートする

markdown preview:マークダウンで記述サポートしてくれます。

メニューのPreferences→Key Bindings – Userで下記のキーを設定しておけばAlt+Mでブラウザが立ち上がりプレビューできます。

{ "keys": ["alt+m"], "command": "markdown_preview", "args": {"target": "browser", "parser":"markdown"} }
SFTP:FTPをサポート、FTPS、SFTPの設定ができる
SFTPプラグイン設定
“type”: “sftp”, //sftpかftpを選択します。
“save_before_upload”: true, //アップロード前に未保存のものを保存。
“upload_on_save”: true, // 保存後に自動アップロード。
“sync_down_on_open”: false,
“sync_skip_deletes”: false,
“confirm_downloads”: false, //ファイルダウンロードするときの確認。
“confirm_sync”: true, //接続するときに確認。
“confirm_overwrite_newer”: false, // 新しいファイルを上書きするときの確認。
“host”: “hostname”, // サーバホスト名
“user”: “user”, // ユーザー名
“password”: “password”, // ログインパスワード。記述していない場合毎回確認を行い、記述されている場合は自動でログイン。
“port”: “22″, // ポート番号、デフォルトは22
“remote_path”: “/home/sample/”, // リモートアップロードパス
“ignore_regexes”: [
"\\.sublime-(project|workspace)", "sftp-config(-alt\\d?)?\\.json",
"sftp-settings\\.json", "/venv/", "\\.svn", "\\.hg", "\\.git",
"\\.bzr", "_darcs", "CVS", "\\.DS_Store", "Thumbs\\.db", "desktop\\.ini"
], // アップロードしないファイル。正規表現で記述する。
“file_permissions”: “664″, // サーバ上でファイルを作成する際のパーミッション設定。
“dir_permissions”: “775″, // サーバ上でディレクトリを作成する際のパーミッション設定
//”extra_list_connections”: 0,
“connect_timeout”: 30, // タイムアウトまでの時間(単位:秒)。
//”keepalive”: 120, // 接続を継続する時間。
“ftp_passive_mode”: true, // パッシブモードで接続するか。
//”ssh_key_file”: “~/.ssh/id_rsa”, // SFTPで接続する際の秘密鍵の場所。
//”sftp_flags”: ["-F", "/path/to/ssh_config"],
//”preserve_modification_times”: false,
//”remote_time_offset_in_hours”: 0, // ローカルとサーバの時間差。設定しない場合は自動決定される。
//”remote_encoding”: “utf-8″, // サーバーの文字エンコーディング
//”remote_locale”: “C”,
sublimetext3の便利プラグイン.txt · 最終更新: 2014/04/29 01:19 by luis_lee