ユーザ用ツール

サイト用ツール

Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/e/eb391a1fbcfa34be7af188108ca14ebd.i failed
Unable to save cache file. Hint: disk full; file permissions; safe_mode setting.
Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/e/eb391a1fbcfa34be7af188108ca14ebd.metadata failed

cakephpをレンタルサーバに入れました
Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/e/eb391a1fbcfa34be7af188108ca14ebd.i failed
Unable to save cache file. Hint: disk full; file permissions; safe_mode setting.
Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/e/eb391a1fbcfa34be7af188108ca14ebd.xhtml failed

CakePHPをレンタルサーバに入れました。

CakePHP 2.3.6.の実装

1.下記のURLでCakePHPをダウンロードする。

http://cakephp.org/

2.レンタルサーバーに入れる。

  そのままコピーいれる。

3.設定する。

  1)DBの設定

    ①app/config/database.php.default

class DATABASE_CONFIG {
var $default = array(
'driver' => 'mysql',
'persistent' => false,
'host' => 'localhost',
'login' => 'hogehoge',←データベース名
'password' => 'hogehoge_pass',←データベースパスワード
'database' => 'hogehoge',←データベース名
'prefix' => ”,←接頭辞を付けるときはこれ(※1)
'encoding' => 'utf8',←付けたし(※2)
);

    ②[database.php.default]から[database.php]に変更

  2)書き込み権限

    app/tmp 中のすべてのファイルを775にする。

  3)「Security.salt」と「Security.cipherSeed」の書き換え

    app→Config→core.phpを開いて、188行目あたりを表示します。

    ここにデフォルトで記述されているセキュリティコードを40文字程度の別のものに変更します。

Smartyを使用する

1.Smartyをダウンロードして解凍する。

解凍したライブラリディレクトリ libs を smartyに変更し、app/vendorsの下に配置する。
Smarty 用に以下の2つの一時ディレクトリを app/tmp/smarty の下に作成する。
app/tmp/smarty/cache/
app/tmp/smarty/compile/
Smarty View Class を以下のURLからダウンロードし、smarty.php として app/views の下に配置する。
Smarty View Class
バージョンは1.0.0.6をダウンロード
どうもうまく動作しないので、いろいろ調べてみたらソースを一部修正する必要があるらしい。
  176行目: if (!is_null($this->webservices)) {  ↓ if (isset($this->webservices) && !is_null($this->webservices)) { 
cake/libs/controller/app_controller.php を app/app_controller.php にコピー。

コピーしたapp_controller.php に var $view = 'Smarty'; を記述。
  class AppController extends Controller { var $view = 'Smarty'; } 

*smartyの記述方法

PHP

$this->set("name" , "enjoy-lei");

tpl

{$this->Session->flash()}
{$name}

*PEAR(PHPのライブラリ)から使用

*ファイル設定

/app/vendors/pear/include_path_pear.php

ini_set('include_path', get_include_path().PATH_SEPARATOR.APP.'vendors'.DS.'pear');

*ファイル設置

/app/vendors/pear/PEAR.php
/app/vendors/pear/Net/Whois.php
/app/vendors/pear/Net/Socket.php

*コントローラ内でPEARを読み込む際の記述例

App::import('Vendor', 'IncludePathPear', array('file' =>'pear'.DS.'include_path_pear.php'));
App::import('Vendor', 'Whois', array('file' => 'pear'.DS.'Net'.DS.'Whois.php'));
$whois = new Net_Whois;

完了

高度な技術を参考を

http://1-byte.jp/2011/03/09/10_things_you_must_know_about_cakephp/

cakephpをレンタルサーバに入れました.txt · 最終更新: 2013/11/28 11:52 by luis_lee