ユーザ用ツール

サイト用ツール

Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/7/716fc406d97d96c33ee7e8b33efe88f6.i failed
Unable to save cache file. Hint: disk full; file permissions; safe_mode setting.
Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/7/716fc406d97d96c33ee7e8b33efe88f6.metadata failed

超入門_絶対に覚えたいmacで日本語を始める13のコツ
Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/7/716fc406d97d96c33ee7e8b33efe88f6.i failed
Unable to save cache file. Hint: disk full; file permissions; safe_mode setting.
Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/7/72c45876548614949dc2b374ac235d9d.i failed
Unable to save cache file. Hint: disk full; file permissions; safe_mode setting.
Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/7/72c45876548614949dc2b374ac235d9d.metadata failed
Writing /var/www/vhosts/w629.ws.domainking.cloud/enjoy-lei.com/lei_wiki/data/cache/7/716fc406d97d96c33ee7e8b33efe88f6.xhtml failed

winユーザーがmacに馴染むためにまずやるべきこと

(1)特殊文字を入力する

文章を入力していると、矢印や囲み文字、数学記号、標識などの特殊記号を使いたいシーンが出てくることがある。 そんなときはメニューバーから「文字ビューア」(旧「文字パレット」)を表示させて目当ての記号を探そう。 文字によっては「やじるし」や「かっこ」、「まるすうじ」といった具合に、ひらがなから記号に変換できるものもある。

(2)「option」併用で入力できる特殊文字を確認する

キーボードは、「shift」キーを同時に押すことで、英字の小文字が大文字になったり、数字が記号に変わったりと入力内容が変化する。~ この挙動は実は「option」キーでも同じで、一部の発音記号やロゴマークは文字ビューアを使わなくても入力可能だ。~

 キートップには「option」を押したときに何が入力されるかは書かれていないため、「キーボードビューア」を表示して確認しよう。~ 個人的には「option」+「;」で入力できる「…」が便利だ。~

(3)日本語/英語以外を入力する

正確には「ことえり」ではないが、文字入力という話で知っておきたいのが、他言語への切り替え方。~ Mountain Lionは30以上の言語環境に対応しており、「システム環境設定」から簡単に切り替えられる。~ タイ、アラビア、ヘブライ、チェコ、ギリシア、ルーマニアなどの言語が利用可能だ。~

(4)カタカナと英字に直接変換する

ひらがなで単語を入力したあとに、すべてカタカナで確定させたい場合は、~ スペースバーを押して変換する前に「control」+「K」のショートカットキーを押そう。~ またひらがな入力モードで打ち込んだあとに、英字で確定させたい場合は「control」+「:」でOKだ。~

(5)半角カタカナを入力する

半角カタカナは、機種によって文字化けするため、ネットやメールで使うのは基本的にNG。~ ただし、2ちゃんねるなど一部のサービスではあえて半角カタカナを使うことも多い。~ こちらも「システム環境設定」の「言語とテキスト」で「入力ソース」を開いて「半角カタカナ」をチェックすれば、~ 入力モードで半角カタカナを選べるようになる。~

(6)1度確定した漢字を変換し直す

長文を入力した際、一部を誤変換のまま確定してしまった……。~ そんなケースではカーソルを誤字のわきに置いて「かな」を2度押しすると、再変換できる。~ 誤変換を「delete」キーで消して再入力するよりも手っ取り早いのでぜひ覚えておこう。~

(7)確定前に入力ミスを直す

入力している文章がどうしても長文になると、途中でミスタイプする可能性が上がってくる。~ スペースバーを押して変換を指示し、確定する前に誤入力に気がついたら、その部分で「esc」キーを押すと入力ミスを直せる。~

(8)漢字を異体字に変換する

渡辺の「辺」に「邊」と「邊」があるように、人名漢字では異体字を使うことがある。~ 入力を確定した後に、異体字に変更したい場合は「control」+「shift」+「1」キーを押して「関連文字に変換」を実行してみよう。~ これで出ない異体字は、「文字ビューア」の「漢字」項目を探せば出てくることがある。~

(9)部首の組み合わせから漢字に変換する

漢字の各部首は分かるんだけど読み方を知らないというケースでは、思い出せる部首を全部入力して選択し、~ 「control」+「shift」+「2」キーを押してみよう。それっぽい感じを見つくろって候補に表示してくれる。~

(10)Windows風のキー操作に変える

Windows、特にATOKから乗り換えた人は、ことえりの環境設定にある「Windows 風のキー操作」オプションが役立つかもしれない。~ これをオンにすると、例えば、ひらがなの入力中に「shift」キーを押したままキーボードの文字を押すと、半角英数字が打ち込めるようになる。~

 また、スペースを押して変換候補を出したあと、「delete」キーでひらがな入力モードに戻ることも可能。~ そのほか、LA/LI/LU/LE/LOは、ら/り/る/れ/ろと入力されるが、このオプションをオンにすると、ぁ/ぃ/ぅ/ぇ/ぉの変換に変わる。~

(11)単語を登録する

キーボードの入力効率は、変換時に一発で正しい漢字と文節区切りが出るようになるとアップする。~ 特に人名や製品名などの固有名詞は、こまめにユーザー辞書に単語登録しておいたほうが楽だ。~ 「みぎやじ」で「→」が候補に現れるようにするなど、よく使う記号も覚えさせておこう。~ さらにことえりのユーザー辞書はなぜか改行を含めて登録できるので、メールでよく使う挨拶文やHTMLタグを登録しておいても便利だ。~

なお、単語の文字数は最大64文字なので、それより多くなるときは「TextExpander」(シェアウェア、34.95ドル)などの文章省入力ソフトを利用するといい。~

(12)辞書を強化する

 ウェブで配付されているユーザー辞書を読み込んで、単語を増やす方法もある。~ 2ちゃんねるでよく使われる顔文字は「2ちゃんねる系顔文字辞書」や「NAD辞書」シリーズなどを利用するといい。~

(13)学習辞書を消す

ことえりはユーザーの入力した文章をチェックして、変換候補を最適化してくれる学習機能を用意している。~ 前後に打った単語も含めてどういった単語を候補に出すか記憶しているので、なるべく長文で入力して確定させた方が学習効率がよくなるといわれている。~ ただし、長年使っていると、偶然覚えてしまった誤変換が第一候補として出続けるのに、学習した単語を消せないなどの不便さも出てくる。~ あまりに目立つなら、学習辞書を手動で消去してリセットするのも1つの手だ。~

超入門_絶対に覚えたいmacで日本語を始める13のコツ.txt · 最終更新: 2013/11/26 15:21 by luis_lee